スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Belmont チタンスタッキングディープクッカー650

唯一のチタン製コッヘルで湯沸し専用です。
チタン製は肉厚が薄いイメージがあるのですが、触った感じはステン製と思うぐらいです。
頑丈そうなので長く使っていこうと思います。
ss-7.jpg

横から見たこの形状に惚れました。
ss-9.jpg

蓋の内側にはテフロン加工が施してあり、フライパンとして使えます。
ss-8.jpg

トレイルコッヘルSの小鍋に蓋が収まるかが一番の懸案でしたが、見事に収まってくれました。
ss-10.jpg

付属の袋のサイズもまずまずです。
ss-11.jpg

今回揃えたコッヘル達です、これが基本セットになります。
ss-12.jpg

計算通りのスタッキング!
ss-13.jpg

蓋を入れた総重量は約800グラム、結構ズッシリきます。
ss-14.jpg

日帰りのツーリングでは煮炊きなんてすることはないので、一番大きなコッヘルは必要無いのですが、メッシュケースの中で蓋が踊ってしまうのでコンテナ替わりに持って行ってます。
スポンサーサイト

UNIFLAME  トレイルコッヘルS

現在は「山クッカーS」と商品名が変わっているようです。
丸いコッヘルにやたらと大きな四角い巾着ですか?
ss-4.jpg

全く合いませんね、使わないから別にいいですけど・・・
ss-5.jpg

中鍋と小鍋のセットです。
飯炊き用に小鍋だけ欲しかったのですが、バラ売りはしていませんでした。
留守番予定の中鍋には目盛があり、ハンドルにはシリコンがコーティングしてあります、小鍋にもお願いします。
手にした感じは「これぞアルミ製!」で軽くそして弱いです、早速へこましてしまいました。
小鍋の容量は0.7リットルなので、1.5合ぐらいは米が炊けそうです。
一度炊いてみたのですが、蓋が軽いのか吹きこぼれが多くいまいちでした。
メスティンの方が上手に炊けます、蓋に重しを乗せて圧力をかければいいのかもしれません、今度試してみます。
ss-6.jpg

DUG PARTYⅢ

以前使っていたスノーピークのコッヘルは付属品が多く悪い物ではなかったのですが、ステンレス製で重いのと四角いインスタントラーメンが入らない事がどうしても気に入らず、相棒の超黒い鳥さんに譲ってしまいました。

新調するにあたっては今後の使用状況を予想して以下の条件で探しました。
・ステンは除外し、アルミとチタンで構成する。
・日帰りのツーリングでは洗う機会が少ないので、目的別に専用のコッヘルを用意する。
 二人分程度の大きさがある煮炊き用、四角いインスタントラーメンが入るラーメン用、
 飯炊き用、湯沸し用の4種類。
・4つのコッヘルが綺麗にスタック出来る事。

湯沸し用はどうしても欲しい物があったのでそこから積み上げる事にし、メーカーの公表値を頼りに慎重にチョイスしました。
4つもスタックさせるとなると、ある程度の高さが必要になるのですが、知っているメーカーでは要求を満たす物は無く、アマゾンで探したコレにしました。
ss-1.jpg

大きい方は高さが10センチあり容量も2.3リットルで、スタックも二人分の煮炊きも出来そうです。
小さい方は直径が15.5センチあり四角いインスタントラーメンもバッチリです。
ss-2.jpg

メッシュケースの大きさも適当です。
ss-3.jpg

品質はちょっと残念でした。
結構傷が多いし、小さい方のハンドルが広がっており、スタックさせると大きい方の内側のコーティングが剥がれるかと思うぐらいキチキチでした。
ハンドルを少し曲げてスムーズに出し入れ出来るようになりましたが、最初からやっといて欲しいですねぇ。
検索フォーム
カウンター
プロフィール

サダ

Author:サダ
クロスカブが欲しい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。