スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Belmont  ニューコンパクトスティック

外で飯を食う時は100均の箸を使っています。
和武器の存在は前から知っていましたが特別欲しいと思うこともありませんでした。
しかし、あまり行かない実店舗で手に取ってみるとダメですね・・・購入決定です。
DSC_0858.jpg

ケース付きで軽量コンパクト。
DSC_0859.jpg

伸縮式です。
使っているうちにヘタってユルユルになるかと思いましたが、結構しっかりしています。
刺し箸には向かないとのコメントもありましたが、生野菜を刺さない限り大丈夫だと思います。
とは言っても幼少の頃に昭和一桁のママンから、軍隊式に箸の使い方を叩き込まれた私にとっては関係ない話です。
今でも覚えています、ある日突然ママンが「今日からスプーンは使わせない!箸で食べられなければご飯は食べさせない!!」と・・・
でもあまり苦労した記憶はありません、自分で言うのもアレですが私とっても器用です。
人に笑われる位ゴッツイ手なんですけどねW。
DSC_0860.jpg

丸い箸なので、転がり防止のためアルミのチェーンをつけてみました。
リングを内側にすると4cm程の長さになり、ストレス無く使う事ができます。
しばらく使ってみて長さの微調整をしようと思います。
DSC_0868.jpg

Belmont チタンシェラカップ深型250フォールドハンドル

ラーツー時のコーヒーカップが欲しいなと・・・探してみました。
積載スペースの関係で、条件は手持ちのコッヘルにスタッキング出来る事と軽量であること。
で、見つけたのがコレ。
DSC_0862.jpg

普通のシェラカップでは収まりきらないので深型になりました、容量は250mlです。
コーヒーなんてがぶ飲みするものではないので、こんなものかと思います。
ちょっとした取り皿にもなりそうで、いい感じですね。
DSC_0863.jpg

スタッキングもバッチリ。
DSC_0864.jpg

今年最後のラーツーに向けて装備は完璧です、後は死んだバッテリーの交換だ!

スベア123Rの燃料

先週のキャンプではテント内に結構な結露があったので、しっかりと乾燥させて帰ったつもりでしたが、インナーを雑巾で拭いた記憶が無く、この一週間気になっていました。
天気も良かったのでテントを干すついでに、ある目的のため借りているガレージまで行ってきました。
テントのインナーは問題無く乾いていましたが、せっかく来たので干しておきました。
ポールを張るのが面倒なので、カメラの三脚で代用です。
DSC_0836.jpg

さて、ここからが本題です。
バイクでのソロキャンプを考えた場合(いつ行くのだろう?)、ピーク1より軽量かつコンパクトなスベア123Rを持って行くことになるのですが,予備の燃料をいれるとどうしても重量が増えてしまいます。
先週のキャンプでも飯を炊いたり鍋を煮たりと使用頻度が高くなり、予備のホワイトガソリン500mlまで全てを使い切ってしまいました。
ソロでそこまで使うことは無いと思うのですが重量とコストを考えた結果、20ℓを超す燃料タンクがあるガソリンにすればと・・・。
ちなみに1ℓの価格をざっくり調べてみると、圧倒的ではないですかっ!
コールマン4ℓ     750円
エネオス一斗缶   300円
レギュラーガソリン  140円
さっそくフューエルタップからガソリンの抜き取りを試みますが、結構奥まった場所にあり極小の漏斗しか用意していなかったのであっさり断念・・・。
DSC_0838.jpg

下がダメなら上からと、シリコンのホースでも買いに行こうかと考えていたところ、工具箱から特大のスポイトを発見!
灯油用と書いてありましたが、見なかったことにしました。
買ったのは5年前だったかな、入れすぎたエンジンオイルを抜くために・・・(使わなかったけど)。
捨てなくて良かった。
DSC_0843.jpg

準備が出来たのでお湯を沸かして、コーヒーを飲みます。
今回は新たな試みとしてプレヒートにガストーチを使ってみます。
今まではスポイトでホワイトガソリンを抜き取ったり、アルコールをかけたりしてましたが燃料をガソリンにするなら、別の燃料を用意しないで済む方法を試してみました。
DSC_0845.jpg

ガストーチの連続使用時間は1分以内とのことなので、30秒で着火してみます。
今までにないほどの火柱がたち煤も凄いですが、しばらくすると安定はします、使えますガストーチ。

青い火で順調そうですが・・・。
DSC_0847.jpg

上の方は、赤い火です。
DSC_0848.jpg

お湯が湧いたのでコーヒーを飲みます。
DSC_0849.jpg

コッヘルをひっくり返すと煤がベッタリ。
火力は強いようでホワイトガソリンでは見られなかったチタンブルーになっています。
DSC_0853.jpg

拭けばある程度綺麗になります。
DSC_0857.jpg

ちょっと手放しで喜べない結果ですね。
ガソリンにアルコールを少量混ぜると煤が減り、さらに火力も増すらしいですが・・・
さてどうしよう?

VERTEX コンパクトコンビネーションツール Kー9

先日、ホームセンターをプラプラしていると、面白い物を発見!
レザーマンのパクリでしょうか・・・900円程だったので即買いです。
レザーマンの購入も検討した事はあったのですが、使うのはプライヤーとナイフのみの事・・・
それなら専用の物をそれぞれ揃えたほうが良いと購入し使ってきました、レザーマン高価ですしね。
しかし、いざ必要な時に手元に無く不便さを感じていましたし、収納性に難がありました。
DSC_0770.jpg

早速カラビナをはずします。
これで付属のケースにピッタリ収まります。
DSC_0772.jpg

メインで使用するであろうプライヤー。
DSC_0775.jpg

LEDライトです、使うことは無いと思うし収まりが悪く邪魔です。
DSC_0776.jpg

刃渡り4センチ程のナイフです、普通に切れます。
DSC_0777.jpg

現在販売されている缶詰を考えると、この缶切りを使う時はある意味至福の時。
DSC_0778.jpg

プラスドライバー、これも使いません。
DSC_0779.jpg

ヤスリです。
DSC_0780.jpg

裏面にもヤスリ、先っちょの尖っているのは爪そうじに使うものらしいです。
DSC_0781.jpg

LEDライトを外してスッキリと。
全長7センチに満たない小さな道具です。
DSC_0782.jpg

外したLEDライトは点灯しませんでした。
加えてプライヤーを広げるためにバネが仕込んであったのですが、すぐに飛び出てしまいます。
まぁLEDライトは使いませんし、開きっぱなしのプライヤーも好きではないので問題無いのですが・・・
値段を考えると及第点ですかねぇ。

Coleman ピーク1 #576 復活?

綺麗になって帰ってきました!
メンテナンスに出すと、「全然問題ないですよ~」との連絡・・・
??な感じがしたのですが15年も放置したブツ、せっかくの機会なので分解、メンテナンスをお願いしました。
DSC_0748.jpg

内部の汚れもしっかり落としてもらい、風防の錆もバッチリです。
DSC_0749.jpg

ウキウキしながらポンピングをして点火を試みるも、一瞬しか火がつきません・・・
空気だけが出ているようです、たまに火がついてもしばらくしたら消えます。
何度かメールでやりとりして原因が判りました、燃料少なすぎでした。
123Rは燃料を抜いても内部が湿っている状態であれば燃焼するので、同じように考えていました。
それでも一発着火とはいかず、燃料バルブの開け具合など試して、先ほどやっと上手くいきました。
ショップの人思ってるだろうな「使えねぇヤツ」と・・・m(__)m

全開です、123Rよりかなり火力がありそうです。
DSC_0764.jpg

中火です。
DSC_0763.jpg

極小のトロ火です、これで飯を炊いたら上手くいきそうです。
DSC_0762.jpg

これでダラダラと煮炊きする料理にも対応出来ます、家では料理なんかしたことないですけど・・・

点火・消火手順
検索フォーム
カウンター
プロフィール

サダ

Author:サダ
クロスカブが欲しい。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。